交通事故トラブル

「自分は被害者なのだから、大丈夫」とは限りません

「自分は被害者なのだから、大丈夫」とは限りません

交通事故に遭われた時、「自分は被害者なのだから、大丈夫」とお考えになり、加害者や保険会社まかせにしていると、満足のいく形に解決できない場合があります。例えば、保険会社が提示してきた損害賠償の金額が、必ずしも適正であるとは限りませんし、加害者が誠実に対応してくれるとも限りません。ですので、損害賠償の金額や事故の過失割合などに疑問がある方はもちろん、そうでない方も、一度当事務所に相談されることをおすすめします。気づかないうちに、ご自身の正当な権利や利益が侵害されているかもしれません。

ご加入中の保険に「弁護士費用特約」はございませんか?

ご加入中の保険に「弁護士費用特約」はございませんか?

現在、ご加入中の保険に「弁護士費用特約」が付加されている方につきましては、保険会社の基準により、最大300万円までの費用を保険会社に負担してもらうことが可能です。こちらをご利用されれば、費用を心配することなく、当事務所にご相談頂けます。どの弁護士に依頼するかは、ご自身で決めて頂くことができます。

交通事故トラブルでお困りではありませんか?

  • 交通事故に遭ったが、その後の手続きがわからない
  • 加害者が誠実に対応してくれない
  • 保険会社が提示してきた損害賠償の金額に納得がいかない
  • 事故の過失割合、後遺障害の等級に納得がいかない
  • 仕事が忙しいため、保険会社と交渉する時間がない
  • 自分の主張を、保険会社に上手く伝えることができない

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

交通事故の対応に慣れている保険会社の担当者に、ご自分で交渉し、正当な権利や利益を主張し認めてもらうことは簡単ではありません。なかには、交渉することを億劫に思われたり、「保険会社の担当者が言っているのだから、間違いないだろう」と思われたりして、詳しく内容を精査せずに示談書(もしくは免責証書)に押印される方もいます。

しかし、当事務所にご依頼頂けましたら、基本的には保険会社の担当者や加害者との交渉は弁護士が行いますし、提示された損害賠償の金額や後遺障害の等級が適正であるかどうも、きちんと精査します。

メリット

  • 保険会社の担当者、加害者との交渉をすべて任せられるので、心理的な負担を軽減することができる
  • 裁判までを見据えた戦略的な示談交渉が行える
  • 提示された損害賠償の金額や、後遺障害の等級が適正であるかを精査してもらえる
  • 加入中の保険に「弁護士費用特約」があれば、費用を心配することなく相談できる

早期相談でトラブルは予防できます

早期相談でトラブルは予防できます

交通事故に遭われてからまだ日が浅く、保険会社との交渉が進んでいない段階でもかまいません。できるだけお早目に、当事務所にご相談されることをおすすめします。そうすることで、交通事故トラブルを未然に防止できる可能性があります。
トラブルが発生してしまった後だと、スムーズに解決がはかれない場合もありますし、ご依頼者様にとって有利な形に解決できる方法もあったのに、機を逸したため、その方法が行えなくなる場合もあります。一度交渉が進んでしまうと、保険会社に改めさせることは難しく、そのままの状況で進行してしまうことがほとんどです。
しかし早期にご相談頂ければ、むち打ちなど、事故による症状を治療する際の通院の仕方や、被害に遭った車の修理の仕方、評価損に関してなど、様々な面で有効なアドバイスをすることが可能です。「まだ、保険会社との交渉がほとんど進んでいない」という状況でもかまいません。すぐに当事務所までご連絡ください。

まずは
お悩みを打ち明けて
みませんか?

法律家である前によき相談者として、よりみなさまの身近な存在になれるよう心掛けております。来ていただくことで、解決するケースもあれば、ある程度のお目通しを立てることができます。お気軽にご相談ください。

一般の法律相談
30分毎5,400円(税込)
借金問題・相続・
遺言に関して
初回相談60分無料